• プログラム
  • スケジュール
  • レッスン予約
  • ビューラ コラム

ヨガウェア選びが楽しくなる、コーディネート8つのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

素敵なヨガウェアを選んでみませんか?

ヨガを始める人が、まず準備するものの一つがヨガウェア。
でも、ヨガウェアにはいろんなブランドもデザインもあるので、「どんな服装を選べばよいのかわからない!」とお悩みの方もいらっしゃるのでは?

ヨガ経験者さんの中にも「このヨガウェア、なんだか動きにくい……失敗したぁ!」なんて思ったことのある人もいるはず。 ヨガウェアのブランドは年々増えていて、何を基準に選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そんなヨガウェア選びも、ポイントを抑えればとっても楽しくて、いいお買い物ができちゃいます。今回はヨガウェアの上手な選び方をご紹介します。

トップス選び3つのコツ

まずは、上半身に着用するトップス選びのコツをご紹介します。
1.裾がめくれ上がらないものを選ぼう
ついつい、身体のラインを隠したくて、ゆったりしたシャツを選びたくなるところ。
しかし、ダウンドッグやインバージョンのポーズで裾がめくれ上がってしまったり、胸元が浮いてしまったりするので、身体にフィットするものや、裾にゴムが入ったものを選ぶとよいですよ。

また、前屈やサイドストレッチをしたときにお腹やお尻が見えてしまわないか、ボトムスと合わせてチェックすることも必要です。

2.インナーブラのついたトップスを選ぼう
ヨガのレッスンは、ワイヤーの入った普段のブラジャーは使わずに、インナーブラのついたトップスを使ったほうが心地よくできます。
ヨガには前屈やねじりのポーズがあるので、通常のブラジャーだと、ずれたてしまったり、ストラップが落ちてきたりと、集中を妨げる原因になりかねません。

かといって、ブラカップなしのウェアは、別売りのカップを縫い付けるなど面倒なので、インナーブラのついたトップスがおすすめ。大きな動きをした時でも、バストの揺れをおさえてくれるトップスを選びましょう。

3.汗を吸い取っても重くならない素材を選ぼう
ヨガは呼吸に合わせて動き続けるので汗をかきます。
スウェットやジャージでは、汗を吸い取ると生地が重くなるのでポーズがとりにくくなってしまいます。そのため、汗を吸い取っても重くならず、速乾性のある薄い生地がおすすめです。

また、コットン素材のトップスは、洗っているうちに色あせてしまう可能性があるので注意。最近は吸水性・速乾性に優れたエアムース素材のヨガウェアもあるので、是非チェックしてみて下さい。

ボトムス選び3つのコツ

次に、ボトムス選びのコツを3つご紹介します。
1.丈は長すぎず、短すぎないものを選ぼう
スタンディングポーズで足を前後に開くとき、丈が長すぎると裾を踏んで、動きにくい上にケガの元にもなりかねません。 逆にショートパンツのように短すぎても「木のポーズ」のように足裏を太ももに合わせるポーズの時に、汗ですべってしまいます。
そのため、アシュタンガヨガやヴィンヤサヨガのようにアクティブなヨガのスタイルは、短めのカプリ丈や7分丈がおすすめです。

2.裾幅は脚さばきのしやすさでチェック
丈と同様に裾幅も要チェックポイントです。
裾広がりのパンツは女性らしく見えるので、人気のデザインですが、裾が邪魔で脚がもつれてしまうなんてことも。
アクティブなスタイルのクラスにでるなら、伸縮性があり、脚さばきしやすいフィットしたデザインを選びましょう。

また、アイアンガーヨガのようにアライメント(正しい姿勢)を大切にするクラスに出るときも、身体のラインがわかりやすいウェアを選ぶのがおすすめです。

3.レギンスタイプは、下着が透けていないか確認しよう
レギンスタイプは体の動きにフィットするのでとても快適なウェアです。最近は一枚だけでも下着が透けにくい素材が出てきていますが、汗をたくさんかくレッスンに出る場合は、薄い色や透けるような素材には注意しましょう。
透けてしまうか不安な方は、レギンスの上にショートパンツをあわせるのがおすすめです。

冬のヨガ、身体を冷やさず行うには?

ヨガは身体が温まるとはいえ、冬のレッスン序盤は寒かったり、汗が急に冷えてしまったりということもあるので、寒さ対策が必要です。
冬のヨガウェア選びのポイントをご紹介します。

1.パーカーなど、羽織物を持参しよう
冬は、レッスン序盤の体が温まるまでの間や、終盤のシャヴァーサナ(屍のポーズ)で体が冷えないように、パーカーなどの羽織物も持参しましょう。
普段着のパーカーでももちろん良いですし、ヨガ用として販売されているパーカーも私服としても使えるデザインが多いので、レッスン前後にそのまま外出できちゃう便利なアイテムです。

2.レッグウォーマーで足首を温めよう
身体が冷えやすい冬、特に女性は冷え性の方が多いので足首を温めましょう!
足首が冷えると、脚がむくむだけでなく、怪我もしやすい傾向があるので要注意です。ヨガパンツの上からレッグウォーマーをつけて、足首を温めましょう。
また、足先や手の冷えも気になる方は、滑り止めのついたヨガグローブやヨガソックスもあわせて一緒に使うといいですよ。

気分が上がるヨガウェアを選ぼう!

見ているだけで元気が出るビタミンカラーや、穏やかな淡いパステルカラーなど、ヨガスタジオの仲間とヨガウェアのコーディネートについておしゃべりするのもヨガの楽しみのひとつ。
今回ご紹介したポイントを押さえて、気分が上がる素敵なヨガウェアを選んでみてくださいね。

オススメのヨガショップ情報

青山、表参道、原宿、渋谷エリアには、素敵なヨガショップが集結しています。Beaura インストラクターもお気に入りですので、ぜひ立ち寄ってみてください。

プラヴィダ 表参道店
https://www.facebook.com/puravida.co.jp/
一生もののヨガマットで有名なMandukaをはじめ、yogaworksなどのヨガ専門ブランドから、ナイキなどのスポーツブランドまでウェアやグッズの取り扱いが豊富。

lululemon Harajuku
https://www.facebook.com/lululemontokyo/
タウンユースとしても着こなせる女性らしいデザインのウェアが豊富。メンズウェアやグッズも取り揃え、世界のヨギーニに大人気のカナダ発のヨガブランド。

イージーヨガストア代官山
http://www.easyoga.jp/shop/
蓮の花びらをモチーフにしたかわいらしいロゴと、シンプルかつディテールにこだわった女性らしいデザインのヨガウェアが特徴。高品質なグッズの取り扱いもあり、代官山駅徒歩1分と便利。